おーかわの感想文。

日々のことや感想を書きます。好きなものがいっぱいあってこまっちゃう。

ラストはままつ。

細々といらないものも増えてきたから家に荷物送るか!ついでにお土産送るか!!ってお土産選んでいる時にはたと20代前半の気持ちのままの感覚でお土産を選んでいた結果…こんな量いらないってなった物悲しい気持ち、わかってほしい夜であります。

 

祖母のお仏壇用にもお菓子を。

時の流れは残酷で、在りし日の思い出ばかりで、いまを生きる、これからを生きる上で思い出そうとするとなんかねぇ。

寂しいねぇ。

 

そして一人で浜松餃子を食すわたし。