読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おーかわの感想文。

映画とか舞台とかの感想を綴ります。時々日記も書くよ。

ro69レポートに!!

http://ro69.jp/live/detail/161035?rtw


メトロック2017にエイトが出ましたのよ。(しかもチケットソールドアウト後に発表され)フェスに進出しましたよヽ(;▽;)ノう、う、うれしー!!!

セトリやばーい!アツーイ!!!


注意 もちろん行ってません

稽古がはじまりました。

稽古場が賑やかになります。

自分の芝居の見方が変わったなぁって感じます。立体的にとらえられるようになったというか、自分の感覚なのですがね。立ってみてどんな風になるのかなー楽しみ。

わたしも昨日は久しぶりに歌のレッスンにいきました。
前回腰が痛くて、思うように声がでなくて今日は体調も万全で(>_<)
自分の癖を一つずつ潰していって、いつどこで歌うことがあるかわからないのでしばらくは習っていきたいです。
しかしみたい映画も舞台もてんこもりの中で…

エイトの夏コンの当落もでて、東京となんと福岡!ヽ(;▽;)ノ
今回ツアー最終地が福岡で、いけたらいいなと思ったら当たった!
お金貯めないとな…
その日程付近、忙しいのでいけなくなるかもだけど(え)楽しみであります。
もちろん横山くん主演の舞台も鑑賞済みです(笑)次は31日見に行くのでそのときに思ったことでも書きます。
わたしこんなんで大丈夫かなって思います( °_° )普段は隠してるから大丈夫って思い込みます。笑
潤い!フェスにも行きたいけど誰かと行きたいよね〜盛り上がりたい〜けどおかねがないヽ(;▽;)ノ
外れてばっかだしね。星野源ちゃん、レキシに…でもエイタメいけるし!頑張りますわ!

弱者は誰だ?

f:id:mokumukumoku:20170518180808j:plain


マカヴォイの24の人格の作り分け、凄かった…ちゃんと女性、子供、青年…みんな違った。

サスペンスかと思ったらホラーかよ!みたいな(笑)朝イチでみて、目覚めましたわ。

どちらかというとあまり見ないジャンルなので、行こうよと誘ってくれた妹に感謝であります。

ラストはまぁびっくりというか、この監督の作品を見ることをオススメいたします。



ネタバレします!








わたしがふと感じたのは何故女性や子供もいつも攫われる存在なんだろうと。

この映画も3人の女子高生が拉致監禁されます。

ネタバレになりますが、虐待されて多重人格になった男が妨げたのがただの女子高生、つまり女性。

生きていても価値はないから24人目の人格にささげられちゃうのです(それがビースト)

虐待の過去は物語が進むにつれて明かされるのですが、途中までやっぱり女性や子供もそういう描かれ方されがち!なんでや!と思ってしまいました。

まー弱い者が弱い者を妨げる構図はよくあるものでそれ故に主人公の女の子は助かるのです(彼女も虐待されていた)

さて本当に弱者はだれなんでしょ?

近状。

母の日でしたね。

私は母にお花をプレゼント。オレンジ色のスプレーバラ。


先日は弟の結婚式。

披露宴のテーブルに弟からの直筆のメッセージカード。

財布の中にいれてあります。

腐っても私達は兄弟という縁で繋がれている。おーかわ三兄弟。おめでとう!お幸せに。

f:id:mokumukumoku:20170516022248j:plain

イトの意味

帝一の國 を見てきました。
原作未読。クスクス笑っちゃう感じ。漫画読みたい!
山路さんがいたヽ(;▽;)ノ
ナチュラルに山路さんや…!!
菅田将暉はすごいなぁと思いました。
(クリープハイプのイト、タイトルの意味は映画を見ればわかります>_<)

ただこの前見た美女と野獣はもっと好きでした。もう1回みたい。


眠くて感想が雑。。。

わたしは夜をくらやみを、あるく。

マームとジプシー 

sheep sleep sharp /ルミネ0

f:id:mokumukumoku:20170505233437j:plain


はじめてのマームとジプシーさん。

ヒグチユウコさんがチラシデザインしてたロミジュリからこの劇団を知り、見に行ってきました。

いやー難解でした。

色々調べていたらリフレインの手法を使っている、と。

時折しつこいなーとか間が長いなーとか思ってしまいましたが全ては伏線のため。

台詞じゃなくて、感覚で訴えていくというか。台詞に中身がなくて正直辛かった。棒読みも演出なんだろうけど。

こういう芝居なんですよね。

閉鎖的な村社会の中の少女の狂気の話を断片的に3つのブロックに分けて最後繋がります。

セット、衣裳、演出、なんにしろオシャレ。

気づいたら今日も感想を探していて、気づいたらはまってる。

新たな体験でございました。

だから気持ち悪さがまだここにある。




絆とか思いとか、不思議なものですね。

「北へんろ」観劇。俳優座さんです。

昔共演させていただいた方々もでていました(って書くとなんだかかっこいい)

そして劇作家堀江さんの作品です。

劇場にいくと、歯が取れちゃったよ〜笑い事じゃないよ(`_´) なんてやりとりなんかして(笑)連日の飲みでお疲れのようでした。

昔といまとそしてこれからをつなぐ人たちがでてきて、怪談?かとおもったりしましたが人の思いが紡ぐ素敵な作品でした。宿のご主人と奥様が印象的でした。

唄の力を感じた作品でもありました。

終わったあと、飲みに行ってあれこそよい飲みだったなぁ。感想言い合って。

しかし唄習いたくなったなー。

ポップスは習ってるから違うのもいいかもしれません。